会則

災害動物医療研究会会則

 

第1条(名称)

本会は、災害動物医療研究会(英文表記:Japanese Association of Veterinary Disaster Medicine, 略称 JAVDM)と称する。

 

第2条(事務局)

本会は、事務局を 東京都武蔵野市境南町1-7-1 日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 疾病予防獣医学部門 野生動物学分野 内に置く。

 

第3条(目的)

本会は、災害獣医学に関わる研究の発展と、その研究成果をもって人と動物と環境の健康の維持に寄与することを目的とする。

 

第4条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために以下の事業を行う。

 (1)会員の研究発表会、学術講演会、技術講習会などの開催

 (2)ホームページや出版物の発行による情報発信

 (3)その他,目的を達するための事業

 

第5条(会員)

この研究会の会員は、正会員、学生会員、賛助会員および名誉会員とする。

 (1)正会員:本会の趣旨に賛同し、会費を納入した個人

 (2)学生会員:本会の趣旨に賛同し、会費を納入した学生および大学院生

 (3)賛助会員:本会の趣旨に賛同し、その事業を援助するため所定の会費を納入した個人または団体

 (4)名誉会員:本会に功労があり、総会において承認された個人

 

第6条(入会)

この研究会に入会を希望するものは、本会事務局に別に定める方法で申し込むものとする。

 

第7条(資格の喪失)

会員は次の理由によって資格を喪失する。

 (1)自主的な退会

 (2)2年以上、年会費を滞納の場合

 (3)本会の名誉を著しく損なう行為があった場合

 

第8条(会費)

会員は、以下の年会費を納入しなければならない。会費は毎年7月までに納さなければならない。既納の会費は、理由のいかんに関わらず返却しない。名誉会員からは会費を徴さない。

 正会員 : 年額5,000円

 学生会員 : 年額1,000円

 賛助会員 : 年額50,000円(一口)    

                           

第9条(役員)

本会には、次の役員をおく。

 (1)代表幹事  1名

 (2)幹事 10名程度

 (3)顧問 5名程度

 (4)監査  1名

 

第10条(役員の選任)

代表幹事は、総会の決議により選任され、そのほかの役員は、代表幹事が指名する。

 

第11条(役員の職務)

 (1)代表幹事は、本会を代表し、会務を統括する

 (2)幹事は、幹事会を構成し、本会の運営に必要な事項を審議する

 (3)顧問は、本会の事業に関して相談役を務める

 (4)監査は、会計について監査する

 

第12条(役員の任期)

 (1)本会の役員の任期は3年とし、再任を妨げない

 (2)中途補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする

 

第13条(会議)

この研究会には次の会議をおく。

 (1)幹事会

 (2)総会

 

第14条(幹事会)

 (1) 幹事会は年1回以上とする

 (2) 幹事会は代表幹事が招集する。または幹事の2分の1以上の要請で招集できる

 (3) 幹事会の議長は代表幹事とする

 (4) 幹事会の決議は、議決に加わる事のできる幹事の2分の1以上(委任状含む)が出席し、その2分の1以上で決する。ただし、賛否同数のときは、議長の決するところによる

 (5)代表幹事が必要と認めた場合は、電子メールによる幹事会を召集し、議決することができる

 

第15条(総会)

 (1)総会は、正会員および賛助会員で構成する

 (2)通常総会は、毎年1回代表幹事が招集する

 (3)総会の議長は、出席した会員の中から選出する

 (4)総会は出席者の2分の1以上の賛成をもって議決する

 (5)総会では事業計画、事業報告、収支決算、予算案、会則の改正その他幹事会が必要と認めた事項について承認を受ける

 

第16条(資産)

この研究会の資産は次のとおりとする。

 (1)会費および賛助会費

 (2)事業に伴う収入

 (3)資産から生ずる収入

 (4)寄付金品

 (5)その他の収入

 

第17条(資産の管理)

この研究会の資産は、代表幹事が管理し、その方法は幹事会の議決による。

 

第18条(会計)

 (1)この研究会の経費は、会費その他の収入をもってこれに当てる

 (2)本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする

 

第19条(会則の変更)

この研究会の会則は、幹事会の議決を経たのち、総会の承認を受けて変更する事ができる。

 

第20条(解散)

 (1) この研究会の解散は総会で決するものとし、出席者(委任状含む)の4分の3以上の同意を受けなければならない

 (2)解散の議決を行う際には、本会の資産の継承団体についての議決も行うものとする

 (3) 解散に際して本会を継承する団体が存在する場合は資産の全額を継承団体へ寄付するものとする

 (4) 解散に際して本会を継承する団体が存在しない場合、資産はその全額を総会で承認された関連分野の団体へ寄付するものとする

 

附則  

第1条(役員)

この研究会の役員は以下のとおりとする。

 代表幹事:羽山伸一(日本獣医生命科学大学 獣医学部・教授)

 幹事:

 入交眞巳(日本獣医生命科学大学 獣医学部・講師)

 小此木正樹(群馬県獣医師会)

 小野裕之(仙台市獣医師会)

 佐伯 潤(大阪府獣医師会)

 田中亜紀(カリフォルニア大学、日本獣医生命科学大学・非常勤講師)

 原田恭治(日本獣医生命科学大学 獣医学部・准教授)

 藤本順介(東京都獣医師会) 

 船津敏弘(福岡県獣医師会)

 皆川康雄(野生動物救護獣医師協会・副会長) 

監査:

 加藤卓也(日本獣医生命科学大学 獣医学部・助教)

顧問:

 藏内勇夫(日本獣医師会・会長)

 石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム・会長)

 細井戸大成(日本動物病院協会・会長)

 河又 淳(福島県獣医師会・東日本大震災被災動物救援対策委員長)

 布施 明(日本医科大学付属病院 救命救急科・准教授)

 新井敏郎(日本獣医生命科学大学 獣医学部・学部長、教授)

第2条(設立年月日)

この研究会の設立年月日は平成26年7月3日とする。

 

第3条(施行)

この会則は平成26年7月3日より施行する。